Home

西宮甲東園のカフェ&レストラン アジアンナチュラルフード カフェナディ

中華料理 チャイナ亭さん

  • 2011-08-25 (木)
  • link

韓国料理 焼肉みなみさん

  • 2011-08-25 (木)
  • link

バリ島検索

  • 2011-08-25 (木)
  • link

LINK BALI

  • 2011-08-25 (木)
  • link

CAFE NADI  STAFF紹介

  ~時流れ、人も流れてみんなCAFE NADIにたどりつきました~


Wayan ワヤン

CAFE NADI店主ワヤンはバリ島のど真ん中らへんの田園地帯で生まれ育ちました。 ワルン(食堂兼雑貨屋)を営む母のそばで小さい頃から料理をつくっていました。 当時村にガスはないので、自分用のかまどを作り、薪をひろってきてご飯を炊き、 どじょうを釣ったりしたのを料理して友達といっしょに食べるのが遊びでした。 それがひょっとするとCAFE NADIのルーツかもしれません!? 学校を出てからは、バリ島の観光地ウブドで働く20代、 結婚して日本で暮らす30代、いろんな職を経験してこの先どこへゆくのか? でも結局そのとき学ばせてもらったことが全部今につながっています。 2007年にCAFE NADIをオープンしてからは、店主兼、料理人兼、ホールスタッフ兼、内装工事屋兼、修繕屋兼、釣り人兼、バックヤード・ギタリスト兼、子守役……!? といままでの様々な経験を生かして活躍してくれるNADIの大黒柱です。

Eriko えりこ

生まれも育ちも西宮の宮っ子です。悩み多き幼少期~思春期を経て、ひょんななりゆきで行くことになったバリ島卒業旅行。絵に描いたような素晴らしい旅だったという事はないのに、日本に帰ってきても頭の中はぐるぐるバリ島の残像がまわる。 街中でガラムたばこを吸っている人がいるとついつい煙の後をついていってしまう。 つまりまんまとバリマジックにかかってしまった20代。 ついにはバリ人ワヤンと結婚までしてしまって、ガムラン鳴り響く中半泣きで歯を削られたりする始末(バリ島の成人儀礼で犬歯を削るのをやりました)。 どうしてこんなことに? 人生や、めぐりあわせの不思議をかみしめつつCAFE NADIをやっています。

Ji-ji- じいじい

バリ島って50年前の日本みたい、と懐かしく思っている。甲東小学校へ通う狭い道ばたに、農作業の牛が、円く黒い目でこちらをにらんでいたり、下大市のイチゴ畑で「イチゴわけてぇな」と直接買っていた高度成長前のあの時代は、貧しくても心豊かだったと。

NADI Girls

店がいそがしい時にお手伝いにきてくれる心強い女子達。 バリ好き、アジア好きの心優しい女子達です。 いつもありがとう!

WeatherUnderGround.com

  • 2011-08-18 (木)
  • link

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top